カツヲぶろぐ

2012年7月の読書 #fb

『ただのノートが100万冊売れた理由~話題の文具を連発できるキングジムの“ヒット脳"』 
美崎 栄一郎 (著)
『ただのノートが100万冊売れた理由』読了。最近ヒット商品連発のキングジムについて。著者は花王の元開発者。使い勝手へのこだわりとか学ぶべき点は多いものの、ビジネス視点での掘り下げが欲しかった・・・。

『ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件』 ★★★★
楠木 建 (著)
『ストーリーとしての競争戦略』成田空港の書店で購入し、帰りの飛行機の中で読了。スタバの直営店方針やアマゾンの物流インフラなど、一見「非合理」的なものが長期的な競争力の源泉になり、それこそが戦略ストーリーの要であると。

『チャーチルの亡霊: ――危機のEU』 
前田 洋平 (著)
『チャーチルの亡霊』読了。欧州統合と大英帝国復権の二兎を追うチャーチルの謀略と挫折を読み解く歴史ノンフィクション。まず著者が1984年生まれということに驚き。EUが連邦制になってた可能性もあったのかと思うと興味深い。

『物語 近現代ギリシャの歴史 - 独立戦争からユーロ危機まで』 
村田 奈々子 (著)
『物語 近現代ギリシャの歴史』読了。波瀾万丈というかなんというか。もともと古代ギリシャってまとまった国じゃなかったし、そもそも無理のあることをやってるのかも・・・というくらい争乱の歴史。勉強になりました。

『インクジェット時代がきた! 液晶テレビも骨も作れる驚異の技術』 
山口 修一 (著), 山路 達也 (著)
『インクジェット時代がきた!』読了。食品や建材、はては臓器にいたるまでのインクジェット技術の応用の世界。著者の片方は元エプソンの技術者の方です。基本的に技術の話だけど、説明が丁寧でわかりやすい。
[PR]
by katzwo | 2012-08-18 18:16 | リーマン読書感想文