カツヲぶろぐ

タグ:music ( 182 ) タグの人気記事

2011年7月の読書

7月は9冊という結果でした。休暇とかあった割に大して読めてないなー。

『マイルス・デイビス自叙伝〈1〉』
『マイルス・デイビス自叙伝〈2〉』
Miles Davis (原著), Quincy Troup (原著), 中山 康樹 (翻訳)
2週間のフェス休暇中、せっかくだから音楽関係の本をということで、『マイルス・デイビス自叙伝〈1〉』『同〈2〉』読了。言わずと知れたジャズの帝王の自叙伝。絵に描いたような「セックス、ドラッグ、ロックンロール」な人生を赤裸々に語るマイルス。チャーリー・パーカーからプリンスに至るまで、有名なミュージシャンの名前もたくさん出て来てジャズ史の勉強にもなりますな。
まあでも音楽の歴史を何回も塗り変えた偉大な帝王スゲーというより、マイルスモテすぎスゲーっていう感想のほうが強いですが。

『コーヒー・ハウス 18世紀ロンドン、都市の生活史』
小林 章夫 (著)
 『コーヒー・ハウス 18世紀ロンドン、都市の生活史』読了。ロンドン滞在中にコーヒー飲みながら読むのにピッタリ?というわけで休暇に持参、久々に読んでみたけど、知ってる地名が出てくるのが楽しかったりする。当時の政治経済、ジャーナリズム、文化との関わりだとか、個々のエピソードでけっこう面白いものがあるんだけど、一冊の本としてはなんともまとまりの無い印象も。もっと流れるように読んでいけるような構成だったらいいのになと。

『ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略』 ★★★★★
Chris Anderson (原著), 篠森 ゆりこ (翻訳)
『ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略』もはや古典という感じで今頃になってですが読了。しかしいまだに新鮮に読むことができるのはさすが。「ロングテール」というのは本書の著者クリス・アンダーソンが提唱した概念で、要するにこういう意味なんだけど、これを説明するための丹念な取材、様々な事例やデータ、それらに基づく鋭い洞察が見所。
ヒット一辺倒に頼ったビジネスから、インターネットみたいなテクノロジーの進化によって、ニッチに光があたるようになった、というのは個人的には嬉しいことなんだけど、それでうまく回るようにお金の回る仕組みが追いついてない。著者の最新作『フリー』を読んでも思ったことだけど、需要者側の変化は否応なしに起きていくのに、供給者側の変化がそのスピードについていけない、というのが現状かなと。あとは『フリー』もそうだったけど音楽の話が色々出てくるのも僕にとっては親しみやすい要因か。というわけで★★★★★。


『世界史をつくった海賊』
 ★★★★★
竹田 いさみ (著)
『世界史をつくった海賊』読了。かなり興味を引かれるタイトルで一気に読了。16世紀には弱小国だったイギリスが後に大英帝国として世界に君臨するスタート地点にいたエリザベス女王と海賊たちの物語。
先行する大国スペインやポルトガルに追いつくために、他国の商用船を襲わせることで海賊を「集金マシーン」として活用し、スペイン無敵艦隊との戦いでは海軍に組み入れて「戦争マシーン」として使う、という具合でエリザベス女王こわーって感じ。悪名高い黒人奴隷貿易も、最初はアフリカ大陸での黒人奴隷をどう手に入れればよいかわからなかったので、海上でポルトガル船を待ちうけて襲って奪って、それを南米に運んでた、要するに密輸してたとか、そんな話が色々。
あとはイギリスといえば紅茶が有名だけど、もともとはコーヒーハウスが象徴するように、コーヒーのほうが一般的だったのが、なぜ紅茶にシフトしたのか。それは海賊が手がける貿易商品として儲かる商品が香辛料→コーヒー→紅茶とシフトしていったから。などなど。イギリス近代史の負の一面というか、そもそも大英帝国の成立過程なんて負の側面みたいな話ばっかりだけど、イギリスに住んでるとますます興味深く読めてくる。というわけで★★★★★。

『最強国の条件』 ★★★★
エイミー・チュア (著), 徳川 家広 (翻訳)
『最強国の条件』読了。ローマ帝国やイギリス、アメリカなど、世界市場に存在した「最強国」を「寛容さ」という観点から検証している本でなかなか面白かった。「最強国」として取り上げられているのは、アケメネス朝ペルシャ、ローマ帝国、中国の唐王朝、モンゴル帝国、海洋覇権を握ったオランダ、大英帝国、そしてアメリカ。
この本に取り上げている中だとローマ帝国や大英帝国についてはある程度知識があって勿論面白く読めたけど、一番興味深かったのはオランダについて。小国がいかに海の覇権を握り、世界のトップになったか、のお話は実に面白い。
日本は非寛容の例として登場、台湾だけ唯一の例外、という評価。なるほどねえ。あと翻訳したのは徳川家康の末裔の方らしく、へえーという感じ。最強国以外にもオスマン帝国やナチスドイツなども比較対象として取り上げられていて、世界史の流れ全般の知識も整理できたり。というわけで★★★★。

『キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる』
佐々木 俊尚 (著)
『キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる』 読了。佐々木俊尚 @sasakitoshinao 氏。キュレーションは情報の目利きと言えばわかりやすいかな。そういうのの重要性が増してるのはDJやってた実感からも納得。ソーシャルメディアマーケティングとかを考える人はまずこのあたりの情報流通の文脈は押えておくべきかという感じかな?具体的な事例が音楽や芸術に絡めてあるのでそれぞれ面白く読めました。

『ダントツ経営―コマツが目指す「日本国籍グローバル企業」』 ★★★★
坂根 正弘 (著)
ロンドン→成田の飛行機の中で2時間ほどで『ダントツ経営―コマツが目指す「日本国籍グローバル企業」』読了。建設機械メーカーのコマツ会長の著書。前にテレビで紹介されているのを見て面白いと思っていた、建機にGPSを組み込んで稼働状況をメーカー側で把握できるKOMTRAXの話も当然出てくる。その他には中国での代理店網を広げるときの話などが面白かった。メーカー叩き上げの実直な経営者らしく、文章も読みやすく、内容もわかりやすい。というわけで★★★★。

『戦略マップ バランスト・スコアカードの新・戦略実行フレームワーク』
ロバート・S・キャプラン (著), デビッド・P・ノートン (著), 櫻井 通晴 (翻訳), 伊藤 和憲 (翻訳), 長谷川 惠一 (翻訳)
『戦略マップ バランスト・スコアカードの新・戦略実行フレームワーク』読了。5年以上積ん読状態だったクソ分厚い本。イギリスから日本への長旅のお伴でようやく読了。戦略マップという経営フレームワークの実例満載、だけど、個々の要素の因果関係が綺麗に矢印で結ばれているマップはあまりなく、ちょっとがっかり。ではあったけど、顧客の視点、内部プロセスの視点、学習と成長の視点についてさらに分解したフレームワークと指標の例が色々と出て来ていたので、今後の仕事の参考としてはけっこう役に立ちそう。
[PR]
by katzwo | 2011-08-22 03:21 | リーマン読書感想文

マンチェスターに来て1年経ちました。

昨日でマンチェスター上陸後まる一年、今日でこっちで働き始めてちょうど一年です。だからといって特別何かがあるわけでもないですが、やはり少しだけ感慨深い。一年早かったなー、とか、人生初の一人暮らしをいきなり海外でサバイブしたなー、とか、英語あんまり上手くなってないなー、とか、せっかく持って来たDJ機材はほとんどいじってないなー、とか。

このブログも半年近く放置してしまいましたが、とりあえずたまには何かしらアップしていきたいと思います。Leeds Festivalの日記を二日目で途切れさせて放置という、なんとも中途半端な・・・。とりあえずスパムコメントを削除しないと。

といわけで1ヵ月遅れですが、明けましておめでとうございます。今年最初のアップということで、一応今年も目標を。
1. 英語をマシにする。
2. ちゃんと休暇をとってヨーロッパのどこかに旅行する。
3. 読書は最低でも週1冊ペースをキープする。
4. 音楽はアルバム月10枚ペースで、2週間に一回はbed room djする。
くらいかなー。仕事はほどほどに、ってのはこっち来てからは意外と守れてるので、目標にすることもないでしょう。

まあそんな感じで今年もユルーくイングランドで生きてますので、どうぞよろしくお願いします。

2010年の3曲


FOALS "Black Gold"


ERYKHA BADU "Window Seat"


FOUR TET "Sing"
[PR]
by katzwo | 2011-02-01 18:12 | リーマンDJ日記

LEEDS FESTIVAL DAY 2

さて二日目はダンスステージのHOLY FUCKから。ダンスステージって言ってもあんまりお客さん踊ってなかったりする。新しいアルバムはレコード屋でたまたま視聴して気に入って買った。踊れる音楽だと思うんだけどな。

HOLY FUCK "Latin America"

NME/BBC Radio1ステージへ移動してTHE DRUMS。既に貫禄のステージという感じ?お客さんの数も時間帯の割にかなり多かった気が。着実にスターへの階段を登ってますね。相変わらずボーカルの人の動きが面白い。

THE DRUMS "Best Friend"

再びダンスステージに戻ってFOUR TET。自分の曲だけでDJをやってくみたいなスタイルのライブ。曲順の流れが違えばもっと盛り上がったんだろうになぁ。というかライブやるより普通にDJやったほうが盛り上がるんじゃなかろうか。要所要所で自分の曲入れて。

FOUR TET "Sing"


FOUR TET DJ Kicks trailer

ここからはほぼNME/BBC Radio1ステージ。BAND OF HORSESはなんとなくぼーっと見てただけですが。夕方の時間にハマる感じで。

BAND OF HORSES "On My Way Back Home"

フジロックでちゃんと見れなかったこともあって今回絶対見逃せないと思っていたのがFOALS。結果的に今回のベストアクトを選べと言われれば間違いなく彼ら。あの疾走感と緊迫感。日本で言うとZAZEN BOYSを見たときの感覚にちょっと近いかも?曲とかリズムとかだいぶ違うけど。僕が今でもまだロックを聴き続ける理由みたいなライヴだった。10月末のマンチェスター公演行きたかったけど日本出張とかぶった・・・。ノッティンガム公演あたり狙ってみようかな・・・。

FOALS "Spanish Sahara "

トリのKLAXONSはなんだかハズレだったなー。新譜も出て大事なタイミングのライヴだったと思うけど。ライヴで聴くより音源で聴いたほうがいいなという感じで。曲の持ってるエッジがまったく感じられず。有名な↓この曲とかやってもあんまりくるものがなかった。FOALSの後だから余計にそう感じたのかも。

Klaxons "Gravity's Rainbow"

で、Alternative StageでやってたCARIBOUを見てテントに戻って二日目終了。のはずでしたが・・・。

CARIBOU "Odessa"

近くにテント張ってる女の子と会場内のディスコテントに行ったりしてました。どうやら彼女たち的に「bitch」が流行語だったらしく、会場内にあるスーパーマーケットを指差して「super fuckin' bitch market!!」って言ったらバカウケ、みたいなフェスっぽい変なテンションで。で2時頃就寝。まあ、一晩中近くのDJブースがひどい音楽流しててやかましくてちゃんと眠れないんですけど。

DAY 3に続く
[PR]
by katzwo | 2010-09-12 22:54 | たまには音楽の話

LEEDS FESTIVAL DAY 1

まずは初日。7時に起きたのが三度寝して寝すぎて2時頃メインステージへ。ちょうどMYSTERY JETSが演奏中。演奏安定してて良いライヴだった。亮太がよくかけてるイメージのある↓この曲もやってました。

MYSTERY JETS ”Two Doors Down”

で美味しくない飯とクソ高いビールを胃に流し込んで会場内をふらふら。いろいろステージを覗きつつメインステージに戻ってきて、THE CRIBSの登場。

THE CRIBS "Men's Needs"
たしか今年のReading/Leedsフェスの後はしばらくライヴやらないってアナウンスしていた彼ら。初めてライヴ見たけど、問答無用でかっこいい。クラブでよくかかってるこの曲なんかは当然合唱になってました。

いったんテントに戻って休憩してから、また会場に戻ってきたものの、やることがないのでなんとなくメインステージのDIZZEE RASCALを見る。

DIZZEE RASCAL "Dance Wiv Me"
なんだかコマーシャルに聞こえすぎてあまり好きな音でもないんだけど、お父さんに肩車されてノリノリで踊ってる4歳くらいの男の子がなんともゴキゲンだったのと、動いてないと寒いので、とりあえず踊りながら聴いてたけど、ラップ上手いのねこの人。Nirvanaの曲を元ネタにしたトラックは正直勘弁という感じだったけど、当然ながら会場は盛り上がってました。

でその次はいよいよTHE LIBERTINES!彼らの写真がスライドショー形式に映し出されて会場のテンションが一気に上がる。セットリストがBBCのホームページに出てますが、一曲目は↓この曲でした。ドラマーの人の表情がすごく嬉しそうに見えたのが印象的だった。

THE LIBERTINES ”Horror Show”

THE LIBERTINESのライブを見るのは初めてだったんだけど、意外とピートがマジメにやってたのと、久々なのに演奏がかなりちゃんとまとまってたのが良かった。

THE LIBERTINES ”Can't Stand Me Now”
↑この曲のラストで、ピートが唾が溜まっちゃったハーモニカを振って唾を落としてまた吹き出した瞬間とか、仕草がカッコよすぎてなかなか感動モノでした。


THE LIBERTINES ”Don't Look Back Into The Sun”


THE LIBERTINES ”Time For Heroes”


THE LIBERTINES ”Up the Bracket”

ライヴの後半も名曲連発でしっかり堪能。UK在住のまさに醍醐味。もっと小さいハコで若い頃の彼らを見たらすごかっただろうな。

でテントに戻って上着を着込んでから、ARCADE FIREを途中から。この人たち演奏上手いですね。曲も大きなステージに映えるというか。会社の同僚でも彼らを目当てに金曜だけ来てる人がいて、英語圏では今ものすごい人気です。日本ではどうなんだろ。


ARCADE FIRE "Wake Up"
↑最後のこの曲では当然のように大合唱になってました。


ARCADE FIRE "Empty Room"
とは言え1/3くらい見逃してて、↑この曲も聴けてない(今回やってないっぽい)ので、12月のマンチェ公演を見に行く予定ですが。

で、テントまでの帰り道にあったディスコをちょっと覗いてから戻って就寝。

DAY 2に続く。
[PR]
by katzwo | 2010-09-11 21:49 | たまには音楽の話

LEEDSで見たアーティストのリスト

1日目
MYSTERY JETS
THE CRIBS
DIZZEE RASCAL
THE LIBERTINES
ARCADE FIRE

2日目
HOLY FUCK
THE DRUMS
FOUR TET
BAND OF HORSES
FOALS
KLAXONS
CARIBOU

3日目
NEW YOUNG PONY CLUB
GIRLS
THE BIG PINK
TWO DOOR CINEMA CLUB
DELPHIC
QUEENS OF THE STONE AGE
GUNS N' ROSES
EVERYTHING EVERYTHING

明日から簡単にレビュー書きます(たぶん)。
[PR]
by katzwo | 2010-09-11 00:33 | たまには音楽の話

結局昨夜も4軒ハシゴ

昨夜は同僚の誕生祝いのnight out。もともとBBQをするつもりが最近毎日夕方に激しい雨が降ってて天気が良くなかったので、中止にしたら、この週末は見事に晴れてperfect weather for BBQになったという皮肉。

で、Northern QuarterのバーLammersで集合してGay Villageのバーを2軒挟んで、結局最後はMOJOへ。MOJOはElvis Presley特集やってて、Elvisのコスプレしたお兄ちゃんがでバーカウンターの上を練り歩いて客に酒を飲ませてましたな。レイも配ったりしてて、夏っぽくて楽しかった。


Elvis Presley "Rubber Necking"


Elvis Presley "A Little Less Conversation"

で3時まで遊んで、近くの店でcurry on tipsを買って帰宅。Kebabと並んでイギリスでは〆のラーメンみたいなもんです。
[PR]
by katzwo | 2010-08-15 21:59 | リーマンDJ日記

memo


UNKLE "The Answer"
[PR]
by katzwo | 2010-08-14 22:43 | たまには音楽の話

単独行動で4軒ハシゴ

昨夜は久々単独行動で夜遊び(night out)で4軒ハシゴでした。

COMMON
まずはNorthern Quarterで一番好きなバーへ。毎週木金土曜日の夜はDJが入ってて、金曜日はFreitagsというイベント。チャージは2ポンド。BPM110くらいの四つ打ち中心。ファイナルスクラッチでDJやってた。荷物軽くて済むからいいよね。そんな良い感じの音を聴いてフラフラしながらビール2パイント。


THE DETROIT EXPERIMENT "Think Twice"

ROOM
King Stの端っこにある天井の高いバーでカクテルを一杯。ムッチリ体型もちろん巨乳の姉妹と遭遇してちょっとだけ談笑。

SOUTH
South King Stにあるインディーロック系のクラブでビール片手に踊る。半年くらい前にFACTORYで会ったジミーがDJやってて、思わぬところで再会。音はほぼコテコテのマンチェスターサウンド。いかにもマンチェスター、な気分に浸るならこのハコか。入場料は5ポンド。


HAPPY MONDAYS "Kinky Afro"


DOVES "There Goes The Fear"

MOJO
Back Bridge Stにある、ジュークボックスでロックの曲をでかい音で流してて、大量のイギリス人が踊りまくってるバー。帰り道で〆にビール一杯飲んでいくつもりがまさかのムッチリ姉妹と再会、お立ち台で一緒にダンス。ハグ&キスでお別れ。

で、3時頃帰宅。
[PR]
by katzwo | 2010-08-14 21:43 | リーマンDJ日記

お買い物リスト

月末に後輩が出張で来るので、会社に届けておいて持って来てもらうつもりの3枚。日本のCDは基本的に日本で買うしかないからなー。


CRYSTAL / Made In Japan “Future”Classics



PEPE CALIFORNIA / White Flag



AUTORA / AUTORA



[PR]
by katzwo | 2010-08-11 17:07 | たまには音楽の話

FUJI ROCK FESTIVAL '10 MY BEST TRACKS

今年のフジロックは11年ぶりに日曜のみの一日券で行ったのもあって、なんだか新鮮でした。取り急ぎ、今回のフジロックのベストトラックだけ貼っておきます。


Yoshinori Sunahara "The Center Of Gravity"
今回のベストアクトはこの人!HORSE MEAT DISCOのDJで踊りまくったあとの至福の一時間。音も映像も完璧にハマって、完璧なパフォーマンスだったと思います。日本に来た甲斐があった。日本人として誇るべき音楽。


Yoshinori Sunahara "Hypnotize"
This is FUNK!!


吉田美奈子 "Town"
まりん直前でHORSE MEAT DISCOがDJで終わりがけにかけてた。イギリス人の癖になんとも憎いサービス&さすがのディグ精神!出番がまりんの後で5時頃かけてたら泣くなあこれは。


MASSIVE ATTACK "Teardrop"
今回のライブは何しろ2003年のあれが比較対象なこともあって、なんだか物足りなかった。もちろん演奏のクオリティは半端無く高いんだけど、VJがちょっと。翻訳がイマイチなこともあって、あの構成だと説教臭さを感じてしまう内容で。冒頭の数字をどんどん出すところこそ、何の数字なのかをちゃんと日本語で出して欲しかったなぁ。英語で出てたのも、字が小さくてちゃんと読めなかったし。そういうのも含めて、2003年の彼らのフジでのパフォーマンスは本当に完璧で圧巻だったなあと、改めて思った日曜夜のグリーンステージ。そんな余計な気分とは無関係に心に染みてきたMartina Topley-Birdの歌ったこの曲。
[PR]
by katzwo | 2010-08-03 09:43 | FUJI ROCK FESTIVAL