カツヲぶろぐ

<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ブログをメンテナンスしました。

・ブクログのブログパーツを追加。「積ん読」状態の本の一覧の本棚が表示されるようにしました。
・mixi、はてブ、Twitter、Facebook関連のボタンを追加しました(でもこの記事の下には表示されてないのはナゼだ!?僕のPCだけか?)。

ところで久々によく見てみたらexblogって無料会員でも画像は1GBまでOKになったんですね。たしか元々30MBしかダメだったんだけど、さすがに今時それはないよね。あと、Vimeoが貼れるようなったらいいんだけどなぁ。
[PR]
by katzwo | 2011-02-12 02:40

2011年1月の読書

去年の後半くらいから読んだ本をツイートするようにしているので、記録が簡単に残せるようになったので、月に一度まとめてブログに載せていくことにします。

あとブクログでの蔵書管理を始めました。これはかなり便利なサービス。読み終わった本はこちら

『フェイスブック 若き天才の野望』 ★★★★
デビッド・カークパトリック (著), 小林弘人 解説 (その他), 滑川海彦 (翻訳), 高橋信夫 (翻訳)
先週の日本からの出張者に持ってきてもらった『フェイスブック 若き天才の野望』 読了。映画も話題になってるみたいだけどあれはフィクション。この本はすごく面白かった。よく取材されてるし、文章も(翻訳含めて)読みやすくて良い。
そして色々と考えさせられる。ちょうど最近使い始めたFacebookをはじめとしたSNSのことはもちろん、インターネットが世の中をどう変えるか、プライバシーの問題、そしてビジョナリーな経営者のこと。

『曹操-魏の曹一族(上)』  『曹操-魏の曹一族 (下)』  ★★★★
陳 舜臣 (著)
『曹操-魏の曹一族(上)(下)』読了。久々に読み返してみたけどやはり三国志モノは面白いな。僕は劉備よりも曹操派。曹操死後の続編もあるらしいから今度読んでみよう。
正史三国志をもとにしてて、あとは曹操の作った詩をかなり読み込んだ上で彼のキャラクターを描写して、さらに著者なりの洞察で西域との交流もストーリーに入ってきてて、かなり面白い。関羽の登場の仕方も面白い。

『地域主権型道州制―日本の新しい「国のかたち」』
江口 克彦 (著)
『地域主権型道州制―日本の新しい「国のかたち」』読了。道州制についてのざっくり勉強用。国・道州・市の役割や財源の分担についての考え方の論拠とかに物足りなさも感じるけど、新書だとこんなもんかな。

『日本の持続的成長企業 ―「優良+長寿」の企業研究』 ★★★★
リクルートマネジメントソリューションズ組織行動研究所 (著), 野中 郁次郎 (監修)
『日本の持続的成長企業 ―「優良+長寿」の企業研究』読了。日本版ビジョナリーカンパニーとまではいかないけど、巻末に出てくる調査質問項目だけでも買い。

『最強国家ニッポンの設計図』
大前 研一 (著)
『最強国家ニッポンの設計図』読了。大前研一の他の本で読んだことのある話の復習用といった感じ。道州制の話は自分が日本に帰る頃にはどれくらい進んでいるんだろうか。というかその頃日本はまだ破綻せずにいるのだろうか。

『ユニクロ vs しまむら』
月泉 博 (著)
『ユニクロ vs しまむら』読了。この冬はユニクロさんのヒートテックに大活躍いただいております。しまむらの店舗は見たことがない。

『グローバルリーダーの条件』
大前 研一 船川 淳志 (著)
『グローバルリーダーの条件』読了。大前研一は毎日500件くらいの記事を読んで、毎週70位を選んでファイリング、これを自分で書きなおす、ということを今もやってるらしい。基本の徹底というやつ。

『コークの味は国ごとに違うべきか』 ★★★★
パンカジ・ゲマワット (著)
日本コカコーラの缶コーヒージョージアは、コカコーラの本社のあるジョージア州からとったらしい。それもポジティブな理由でなく、缶コーヒーの商品化に反対し続けるアメリカ本社に対するあてつけだったとか。
そんなわけで『コークの味は国ごとに違うべきか』読了。章ごとの日本語タイトルの付け方が変な気がするが、この本は面白かった。特に売上の大半を海外に依存している会社に勤めてる立場から読むと、内容にリアリティがある。

『日本は原子爆弾をつくれるのか』
山田 克哉 (著)
『日本は原子爆弾をつくれるのか』読了。科学読み物として面白かった。陽子とか電子とか中性子とかの話から始まるので、原子力は完全にシロウトの僕にもわかりやすかった。日本は核武装すべきじゃないけど、可能性を匂わせるのは外交上アリだろうな。

『ランド 世界を支配した研究所』 
アレックス・アベラ (著), 牧野 洋 (翻訳)
『ランド 世界を支配した研究所』読書中。赴任前に買っておいて積ん読状態だった一冊。ゲーム理論からインターネットまで、シンクタンクの元祖ランド研究所にまつわるエピソード諸々。まだ半分しか読んでないけど純粋に読み物として面白い。
『ランド 世界を支配した研究所』読了。日本もいずれは政策立案は官僚主導からこういうシンクタンク主導に変わって行くんだろうなー、とか。WW2後のUSAの安全保障の歴史の勉強にもなって面白かった。

『ローマ人の物語〈20〉悪名高き皇帝たち(4)』 ★★★★★
塩野 七生 (著)
『ローマ人の物語〈20〉悪名高き皇帝たち(4)』読了。暴君として有名な皇帝ネロの時代のお話。この人は趣味に走り過ぎた感じかな。小さなイタリアンレストランでワイン飲みながらの読書。至福の時間。
[PR]
by katzwo | 2011-02-01 18:42 | リーマン読書感想文

マンチェスターに来て1年経ちました。

昨日でマンチェスター上陸後まる一年、今日でこっちで働き始めてちょうど一年です。だからといって特別何かがあるわけでもないですが、やはり少しだけ感慨深い。一年早かったなー、とか、人生初の一人暮らしをいきなり海外でサバイブしたなー、とか、英語あんまり上手くなってないなー、とか、せっかく持って来たDJ機材はほとんどいじってないなー、とか。

このブログも半年近く放置してしまいましたが、とりあえずたまには何かしらアップしていきたいと思います。Leeds Festivalの日記を二日目で途切れさせて放置という、なんとも中途半端な・・・。とりあえずスパムコメントを削除しないと。

といわけで1ヵ月遅れですが、明けましておめでとうございます。今年最初のアップということで、一応今年も目標を。
1. 英語をマシにする。
2. ちゃんと休暇をとってヨーロッパのどこかに旅行する。
3. 読書は最低でも週1冊ペースをキープする。
4. 音楽はアルバム月10枚ペースで、2週間に一回はbed room djする。
くらいかなー。仕事はほどほどに、ってのはこっち来てからは意外と守れてるので、目標にすることもないでしょう。

まあそんな感じで今年もユルーくイングランドで生きてますので、どうぞよろしくお願いします。

2010年の3曲


FOALS "Black Gold"


ERYKHA BADU "Window Seat"


FOUR TET "Sing"
[PR]
by katzwo | 2011-02-01 18:12 | リーマンDJ日記