カツヲぶろぐ

<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

LEEDS FESTIVAL DAY 2

さて二日目はダンスステージのHOLY FUCKから。ダンスステージって言ってもあんまりお客さん踊ってなかったりする。新しいアルバムはレコード屋でたまたま視聴して気に入って買った。踊れる音楽だと思うんだけどな。

HOLY FUCK "Latin America"

NME/BBC Radio1ステージへ移動してTHE DRUMS。既に貫禄のステージという感じ?お客さんの数も時間帯の割にかなり多かった気が。着実にスターへの階段を登ってますね。相変わらずボーカルの人の動きが面白い。

THE DRUMS "Best Friend"

再びダンスステージに戻ってFOUR TET。自分の曲だけでDJをやってくみたいなスタイルのライブ。曲順の流れが違えばもっと盛り上がったんだろうになぁ。というかライブやるより普通にDJやったほうが盛り上がるんじゃなかろうか。要所要所で自分の曲入れて。

FOUR TET "Sing"


FOUR TET DJ Kicks trailer

ここからはほぼNME/BBC Radio1ステージ。BAND OF HORSESはなんとなくぼーっと見てただけですが。夕方の時間にハマる感じで。

BAND OF HORSES "On My Way Back Home"

フジロックでちゃんと見れなかったこともあって今回絶対見逃せないと思っていたのがFOALS。結果的に今回のベストアクトを選べと言われれば間違いなく彼ら。あの疾走感と緊迫感。日本で言うとZAZEN BOYSを見たときの感覚にちょっと近いかも?曲とかリズムとかだいぶ違うけど。僕が今でもまだロックを聴き続ける理由みたいなライヴだった。10月末のマンチェスター公演行きたかったけど日本出張とかぶった・・・。ノッティンガム公演あたり狙ってみようかな・・・。

FOALS "Spanish Sahara "

トリのKLAXONSはなんだかハズレだったなー。新譜も出て大事なタイミングのライヴだったと思うけど。ライヴで聴くより音源で聴いたほうがいいなという感じで。曲の持ってるエッジがまったく感じられず。有名な↓この曲とかやってもあんまりくるものがなかった。FOALSの後だから余計にそう感じたのかも。

Klaxons "Gravity's Rainbow"

で、Alternative StageでやってたCARIBOUを見てテントに戻って二日目終了。のはずでしたが・・・。

CARIBOU "Odessa"

近くにテント張ってる女の子と会場内のディスコテントに行ったりしてました。どうやら彼女たち的に「bitch」が流行語だったらしく、会場内にあるスーパーマーケットを指差して「super fuckin' bitch market!!」って言ったらバカウケ、みたいなフェスっぽい変なテンションで。で2時頃就寝。まあ、一晩中近くのDJブースがひどい音楽流しててやかましくてちゃんと眠れないんですけど。

DAY 3に続く
[PR]
by katzwo | 2010-09-12 22:54 | たまには音楽の話

LEEDS FESTIVAL DAY 1

まずは初日。7時に起きたのが三度寝して寝すぎて2時頃メインステージへ。ちょうどMYSTERY JETSが演奏中。演奏安定してて良いライヴだった。亮太がよくかけてるイメージのある↓この曲もやってました。

MYSTERY JETS ”Two Doors Down”

で美味しくない飯とクソ高いビールを胃に流し込んで会場内をふらふら。いろいろステージを覗きつつメインステージに戻ってきて、THE CRIBSの登場。

THE CRIBS "Men's Needs"
たしか今年のReading/Leedsフェスの後はしばらくライヴやらないってアナウンスしていた彼ら。初めてライヴ見たけど、問答無用でかっこいい。クラブでよくかかってるこの曲なんかは当然合唱になってました。

いったんテントに戻って休憩してから、また会場に戻ってきたものの、やることがないのでなんとなくメインステージのDIZZEE RASCALを見る。

DIZZEE RASCAL "Dance Wiv Me"
なんだかコマーシャルに聞こえすぎてあまり好きな音でもないんだけど、お父さんに肩車されてノリノリで踊ってる4歳くらいの男の子がなんともゴキゲンだったのと、動いてないと寒いので、とりあえず踊りながら聴いてたけど、ラップ上手いのねこの人。Nirvanaの曲を元ネタにしたトラックは正直勘弁という感じだったけど、当然ながら会場は盛り上がってました。

でその次はいよいよTHE LIBERTINES!彼らの写真がスライドショー形式に映し出されて会場のテンションが一気に上がる。セットリストがBBCのホームページに出てますが、一曲目は↓この曲でした。ドラマーの人の表情がすごく嬉しそうに見えたのが印象的だった。

THE LIBERTINES ”Horror Show”

THE LIBERTINESのライブを見るのは初めてだったんだけど、意外とピートがマジメにやってたのと、久々なのに演奏がかなりちゃんとまとまってたのが良かった。

THE LIBERTINES ”Can't Stand Me Now”
↑この曲のラストで、ピートが唾が溜まっちゃったハーモニカを振って唾を落としてまた吹き出した瞬間とか、仕草がカッコよすぎてなかなか感動モノでした。


THE LIBERTINES ”Don't Look Back Into The Sun”


THE LIBERTINES ”Time For Heroes”


THE LIBERTINES ”Up the Bracket”

ライヴの後半も名曲連発でしっかり堪能。UK在住のまさに醍醐味。もっと小さいハコで若い頃の彼らを見たらすごかっただろうな。

でテントに戻って上着を着込んでから、ARCADE FIREを途中から。この人たち演奏上手いですね。曲も大きなステージに映えるというか。会社の同僚でも彼らを目当てに金曜だけ来てる人がいて、英語圏では今ものすごい人気です。日本ではどうなんだろ。


ARCADE FIRE "Wake Up"
↑最後のこの曲では当然のように大合唱になってました。


ARCADE FIRE "Empty Room"
とは言え1/3くらい見逃してて、↑この曲も聴けてない(今回やってないっぽい)ので、12月のマンチェ公演を見に行く予定ですが。

で、テントまでの帰り道にあったディスコをちょっと覗いてから戻って就寝。

DAY 2に続く。
[PR]
by katzwo | 2010-09-11 21:49 | たまには音楽の話

LEEDSで見たアーティストのリスト

1日目
MYSTERY JETS
THE CRIBS
DIZZEE RASCAL
THE LIBERTINES
ARCADE FIRE

2日目
HOLY FUCK
THE DRUMS
FOUR TET
BAND OF HORSES
FOALS
KLAXONS
CARIBOU

3日目
NEW YOUNG PONY CLUB
GIRLS
THE BIG PINK
TWO DOOR CINEMA CLUB
DELPHIC
QUEENS OF THE STONE AGE
GUNS N' ROSES
EVERYTHING EVERYTHING

明日から簡単にレビュー書きます(たぶん)。
[PR]
by katzwo | 2010-09-11 00:33 | たまには音楽の話