カツヲぶろぐ

カテゴリ:たまには音楽の話( 151 )

今年のグラストンベリーのベスト5 #fb 

1. The xx
ベストアクトという言葉では表現しきれない歴史的名演。フジロック行く人は最終日のホワイトステージ、絶対に見に行ったほうがいい。

2. 天気
晴れたグラストンベリーがこんなにヤバいとは。ビールが美味い!サイダーが美味い!何よりスニーカーで乾いた地面を歩ける喜び!最後にThe xxのダメ押しもあったし、今まで行ったフェスの中で一番楽しかったんじゃないかな。

3. The Rolling Stones
さすがというか、なんというか、すごかった。最初登場したときはテレビでも見ているのかと。ミックとキース、今年70歳になるんだぜ・・・。

4. alt-J
まだ若いのに素晴らしい完成度の楽曲と演奏。初日のベストアクト。

5. 元気だった僕
2ヶ月くらい前から週2~3回走るようになった成果か?天気のおかげか?キューピーコーワゴールドに頼ることなく、靴ずれもなく毎日4時間睡眠で歩き回れた自分の元気さに驚き。去年のフジロックではRadiohead前に座り込んで足の裏ずっとマッサージしてたのに・・・。
[PR]
by katzwo | 2013-07-04 20:14 | たまには音楽の話

グラストンベリーで見たもの(BBC動画リンクつき) 最終日6月30日(日) #fb

Sunday 30 June

Zero 7(DJ set) at The Beat Hotel
ホテルのラウンジにいるような感じでまったりしてたら、四つ打ちになってからの選曲がダサいのでサクっと退散。

Palma Violets at William's Green
小さいテントだったので外から遠巻きに聴いてたけどかっこいいっすね。またちゃんとしたところで見たい。

Laura Mvula at The Park Stage
会場を一望できる丘の上で昼寝しつつ。ってそれ見たうちに入るのか?ただ極上の時間だったのは確か。動画は前日のPyramid Stageでの演奏のもの。

Sérgio Mendes at West Holts
前日に友達が「もう死ぬかも知れないでしょ」というのでそういえばそうだなと思ってVampire WeekendJessie Wareも諦めて見に行ったんだけど・・・全然元気じゃん!"Mas que nada"が変なラップになってたけどあれがブラジルではウケるんでしょうか。オパーオパーオパー。いやいいんだけど。ラテン歌謡ショー。いやー・・・正直Vampire Weekend見に行くべきだったわ俺。

Editors at Other Stage
普通にまっとうなロックバンドがまっとうなライブをやってくれた感じ。イギリスのフェスでイギリスのバンドを・・・。

The Smashing Pumpkins at Other Stage
途中から見たけど前半最近の曲中心で後半が昔のヒット曲多めだったのかな。長らく聴いてないから知らない曲多かった。"Tonight, Tonight"と"Today"はやっぱ聴けると嬉しい。

The xx at Othger Stage
「ベストアクト」という言葉がもはや安っぽいくらいの名演。バンドのキャリアをかけた一大プレゼンテーション。良いライブをやるだろうなとは思ってたけど、大きな思い入れのあるバンドというわけでもないし、そんなに過度の期待をすることもなく見に行ったら、これだよ。ライブ終わった後は「今夜はこれ以上音楽要らない」っていう、2003年のフジロックでのMassive Attackのとき以来の感覚。でもテントに戻るまでもそこら中で誰かが演奏してるわけで、音楽で溢れてるのも考え物だなと考えながら歩いてた。テントに帰って友達と感想をちょっと喋ってから、爆睡。起きたら4時半くらいでもう明るかった。丘の上からの夜景を見に行こうかと思ってたんだけどなー。ちなみに公式プログラムの時間割が間違って22:50~になってて(正しくは22:05~)、前半を見逃した人が多数いた模様・・・これはシャレにならんミスでしょう結果的に。

というわけで2回目のグラストンベリー終了。9時に起きてテントを畳んで、12時のバスでマンチェスターの自宅に着いたのは8時ころ。バスの発着所がうちから徒歩5分でよかった!
[PR]
by katzwo | 2013-07-04 14:38 | たまには音楽の話

グラストンベリーで見たもの(BBC動画リンクつき) 二日目6月29日(土) #fb

Saturday 29 June

Onlyjoe at Gully in Silver Hayes
10時前にはきちんと起きてしまって友達と一緒にダンスビレッジへ、通りすがりのダブバンドを見ながらのサイダーが美味すぎる快晴のグラストンベリー。

Dub From Atlantis at The Blues in Silver Hayes
友達がブリストルに住んでた頃に友達になった人たちらしい。かっこいい。というか天気に合い過ぎ。

Noah and the Whale at Other Stage
この日の初ロック。The Park Stageのあたりで昼寝してから戻って来て遠巻きに。イギリスのフェスでイギリスのバンドを見る。いいねえ。

Alabama Shakes at Other Stage
ずっと見たかったバンド。ソウルフル&ブルージー。スクリーンに映った雲ひとつない青い空とステージとボーカルのおばちゃんが絵になりすぎててヤバい。いや僕より一回り近く若いんだろうけど。

Primal Scream at Pyramid Stage
「今日はアラバマシェイクス~プライマル~ストーンズの3コースディナーかーなんて豪華なんだ!」とテンション高めでピラミッド行ったら、完全にストーンズ待ちの客層を相手にテンション低めなボビー・・・。しようがないというしかない。

The Rolling Stones at Pyramid Stage
5メートル前にミックが!キースが!!本物の!!!この時点では疑いなく今年のグラストンベリーのベストアクトでした。終始楽しんでライブやってる感じだったのが良かった。ドームとかで椅子に座った客を相手にするより絶対楽しいよね。ていうかキース太ったなードラッグ止めて健康になったんだろうか。

Psychemagik at Acid Lounge in The Unfairground
土曜夜のShangli-laもありえん混み具合だったなー。その近辺でやってたこの人たち、コンピ盤は両方とも最高なんだけど、DJもヤバ過ぎたー。サイケでコズミックなディスコがこれでもかと。終盤選曲が普通な感じになってきたあたりで退散。カレー食ってから6時過ぎくらいに就寝。
[PR]
by katzwo | 2013-07-04 14:23 | たまには音楽の話

グラストンベリーで見たもの(BBC動画リンクつき) 初日6月28日(金) #fb

Friday 28 June

Haim at Pyramid Stage
午前中の散歩を経て美人三姉妹と聞いて見に行ってみたら、歌ってる時の顔こえーよ。翌日はPrimal Screamのコーラスで出てた気がする。

Steve Aoki at Sonic Stage
笑い飯の人に顔が似てるおそらく世界一有名な日系人DJ。SkrillexとかDeadmau5とか、こういう音楽流行ってんのね。こういう音楽好きじゃないというかどっちかというと嫌いなので全然スルーしてたけど。後半だけ見てたけど噂のボートが出て来なかったのが不満です。

Goat at West Holts
アルバムかっこよかったので期待してたもののライブはこんなもん?大袈裟な衣装が余計にそう思わせるのかも。

Jake Bugg at Acoustic Stage
さすがの人気でステージのテントまで辿り着くのに一苦労。この時間帯にナイスな弾き語りでした。

Toro Y Moi at West Holts
PA的にバランスが悪くて苦労してる感じでライブの内容はイマイチ。Toro Y Moiの演奏中にマンチェスターの自宅の近所のバーで働いてる子に会ったなー。今回の唯一の偶然遭遇事例だった。

Tame Impala at Other Stage
Toro Y Moiをほぼ最後まで見ちゃったので後半のみだったけど、結果的にもっと早く移動してこっちをもっと長く見るべきだったなー。基本的にここからヘッドライナーまでOther Stageに入り浸り。

alt-J at Other Stage
初日の時点でのベストアクトでした。イギリスのフェスでイギリスのバンドを見る幸福を噛み締める。いいねえ。Tame Impalaからalt-Jっていう流れも贅沢すぎ。

FOALS at Other Stage
相変わらず期待を裏切らないパフォーマンス。しかし1時間しかないので聴きたかったのに聴けなかった曲は多い・・・。

Portishead at Other Stage
良いライブでした。Massive Attackと違って音に「黒さ」がないのでいまいち思い入れが無かったんだけど、かっこよかった。あまりライブやらない人たちだし貴重なものを見せてもらった気分。

Seth Troxler at Genosys in Block 9
今やスーパースターDJ、名前はよく聴くけど食わず嫌いしてましたがさすが上手かった。かけてる曲もけっこうツボ。Throbbing Gristleとか。

Greg Wilson at Genosys in Block 9
オープンリールでDJやってるアー写でおなじみのベテランDJでこの夜は〆。眠気の限界がやってきてラストまでとはいかなかったものの・・・まだまだ激混みのShangli-laを通ってテントのエリアまで歩いて、5時ころ就寝。
[PR]
by katzwo | 2013-07-04 14:17 | たまには音楽の話

昨日観たバンドまとめ #fb

昨日は地元のインディーなフェスに行ってきたので、ライヴ観たアーティストをまとめてみました。Sound From The Other Cityっていうフェスで、2005年からやっているとのこと。会場はManchesterの隣のSalfordという町のChapel Streetという通り沿いのパブや教会の合計12ヵ所。LondonのCamden Crawlをずっと小さくしたような感じです。ローカル感万点でユルいです。ちなみにこの界隈歩いてて気がついたけど、やっぱパブってけっこう潰れてるのね。元パブでボロボロの外観になってるところをけっこう見かけました。

The ABC Club
リストバンド交換に行ったIslongton Millでそのままビール飲みつつ。


Heroin Diet
たぶん地元のハードコアバンド。名前が面白い。動画見つからず。

Stuart McCallum
The Cinematic Orchestraのギタリスト。教会の中でトリオ編成での演奏。半分寝てた・・・。


Stalking Horse
何回か行ったことのあるパブの2階にて。ライヴ慣れしてる感じで上手かった。「マイブラとグリズリーベアとトム・ヨークのハイブリット」と自称してるらしい・・・。


Ekoplekz
友達に薦められて観たけどユニークすぎて僕にはよくわかりませんでした・・・。


The History of Apple Pie
名前を知ってた数少ないバンドのひとつ。ポップです。売れそう。


Daq Sabbath
名前からわかる通りBlack Sabbathのトリビュートバンド。ベストアクトw。小さな古びれたパブが満杯。バンドメンバーも若いしパブは古臭いし、70年代な気分が最高。動画無かったので本家のほうを貼っておきます。




Maria Minerva
見た目普通の女の子だったなー。ライブはカラオケみたいになっちゃうので、音源で楽しむべきアーティストかもーってことで途中で力尽き家路につきました。


で帰って来たらアパートの外に消防車止まってて、エレベーター使えませんとか言われて、14階まで歩いて登ったんですけど、脚も心臓もヤラれました・・・。
[PR]
by katzwo | 2012-05-08 01:35 | たまには音楽の話

The Best of 2011 - Gigs #fb

#1 eighth blackbird/Bang on a Can perform:Steve Reich "Double Sextet" at Barbican Hall on 8 May
5月にロンドンで開催されたフェスティバル"Reverberations: The Influence of Steve Reich"の6つあるセッションのうちの最後の演目。とにかく音楽が終わって欲しくなかった至福の30分間。動画はeighth blackbirdの2007年の演奏らしい。


#2 Bjork at Manchester International Festival on 7 July
新作"Biophilia"のワールドプレミアをマンチェスターで!まだ新しいアルバムからの音源を出すよりも先にライブパフォーマンスで!しかも会場はうちから歩いて5分もかからない、昔市場に使っていたらしい古い建物で、キャパは1,800人。円形ステージの回りを観客席が取り囲んで、ステージもちゃんと見えるし音響も最高だしで、なんとも贅沢な経験をさせてもらいました。マンチェ公演の動画↓ありましたー!!


#3 Beyonce at Glastonbury Festival on 26 June
今年初Glastonburyでしたが、最終日ヘッドライナーのBeyonceに完全にやられました。なんなんでしょうかこの敗北感というかなんというか、いきなり圧倒的なパワーでレイプされてしまって、でも「気持ち良かったですか?」と質問されると「はい」と答えざるを得ない、言い訳無用の状況。まるでスーパーアスリートのパフォーマンスを見ているような感じでしたな。こちらGlastonburyの↓フル動画。


#4 Foals at Warehouse Project on 30 December
つい昨夜のことですが。ファーストアルバムからの曲、ライブでの疾走感は本当最高で。お客さんも良かった。"Black Gold"はやってくれなかったけど。さすがに動画無いので他のイベントでのパフォーマンス動画↓。


#5 The Cinematic Orchastra at Mostly Jazz Festival on 1 July
Birminghamまで行った甲斐がありました。生で聴くとほんとヤバい。泣きそう。泣いた。そのときの↓動画。


あとはロックだとBest CoastとかCSSも良かったなー。4月のEaster Holiday中にWarehouse ProjectでやってたLaurent Garnierも良かったなー。色々見逃したのもあるけど、良いgigに居合わせることができた気がします。2012年も同じくらいのペースで行こうかなと思ってます。
[PR]
by katzwo | 2012-01-01 05:23 | たまには音楽の話

The Best of 2011 - Festivals #fb

今年行ったフェスで無理矢理Best 5を作ってみました。

#1 Reverberations: The Influence of Steve Reich 
Steve Reichの新譜"WTC 9/11"のヨーロピアンプレミアを記念して、Reichの曲や、影響を受けた作曲家の曲をBarbican Hallと近くの教会を改造したヴェニューで2日間やりまくるというフェス。こういうイベントが企画されるあたり、UKって、Londonってすごいなと。"WTC 9/11"はもちろんKronos Quartetが演奏、ものすごい緊迫感。6つのセッションのうち3つ行ったけど、ラストの"Double Sextet"は今年のbest gig決定な感じで。至福の時間でした。とりあえずあのとき見た"2x5"の動画があったので貼っておきます。


#2 Glastonbury Festivals
UK赴任中に一度は行かねば!と思ってたフェスに遂に行って参りました。が印象に残ってるのは泥とBeyonceだけですわー。かなりタフでしたナメてました、特に泥!足腰鍛えないとやばいわもう年だわーと。会場でか過ぎステージいっぱいあり過ぎDance Villageはいくつものテントから音出てて外からはゴゴゴゴゴってなんかもう終末みたいな音で、やり過ぎだろ!って感じでしたけどね。でも去年行ったLeeds Fesに比べたらだいぶ清潔だったし、2012年はお休みだから、2013年はまた行こうと思ってますけどね。2年に一回くらいのペースで行くのがいいんじゃないかと勝手に決めた。

#3 Manchester International Festival
Manchesterの街中の色んなヴェニューでで約1ヵ月間、色んな催し物がやられてたわけだけど、特にうちのすぐ近所の古い建物でやってたBjorkのライブがとにかく良かった。"Biophilia"のワールドプレミアがマンチェで!さすがのクオリティ。コーラスの女の子たちが可愛かったのもある。あとは見に行ってないけどたしかDamon Albarnのオペラとかワーグナーの"ワルキューレの騎行"もやってましたね。

#4 Mostly Jazz Festival
Birmingham郊外のMosley Parkで開催されてる小ぢんまりとしたJazz & Funk musicのフェス。The Cinematic Orchestra見たさに行って来たけど、手作り感とのんびりした時間感覚とが最高でしたな。何気にGlastonburyより気に入ってたりするかも知れない。

#5 Wireless Festival
Mostly Jazz Festivalを金土の二日間楽しんでから電車に乗って最終日だけ行ってきました。LondonのHyde Parkで毎年行われているフェス。夏のLondonはいいねー毎週末都心のHyde Parkでこんな感じででかいgigやってて。Foalsのライブが圧巻で、あとはPulpのライブのときに盛り上がったおねーちゃんの拳が後頭部直撃したのも良い思い出です。

Fuji Rock Festivalもたまたまタイミングよく日本に行く用事があって、最終日だけ行ったんですけどねー。去年と同じく土曜の夕方に苗場入りして、ってパターンで。でもなんか完全にフジロックに飽きてる自分を発見しただけだったなー。行きの水上→苗場のタクシーの運ちゃんとのネゴシエーションがピークだったな。来年はPearl Jamが出るとかじゃない限り行かないと思うな。Stone RosesはHeaton Parkで見られるしね。

そんな感じで2012年もどこかのフェスティバルでお会いしましょう!
[PR]
by katzwo | 2011-12-31 00:44 | たまには音楽の話

The Best of 2011 - Albums #fb

今年は去年よりはけっこうCDを買ってたような気がします。ライブもけっこう行ったほう。

#1 Toro Y Moi "Underneath the Pine" 
たぶん一番よく聴いたアルバムこれかな?Academy 2以下のサイズのヴェニューでライブが見たい。


#2 PJ Harvey "Let England Shake" 
いやこっちかも知れない。ライブも見に行ったなー。歌い方が多彩になっててかなり聴かせるアルバムですね。


#3 Wolf + Lomb vs Soul Clap "DJ Kicks" 
これまたよく聴いた一枚。おまけでついてきたmix CDもこれまたよし!マンチェスターにDJやりに来ないかな?


#4 Washed Out "Within & Without" 
ジャケットがかっこいい。プールの中で漂ってるみたいな浮遊感が気持ちいい。日本でも流行ってますかね?


#5 Peaking Lights "936" 
Piccadilly Recordsの年間ベスト。ドリーミーでチルな感じで運転中に聴くのは止めたほうがいい。


なんか随分偏ったセレクトになってる気がするものの・・・。あと今年ってRadioheadBjorkが揃って新譜出した年だったんですよね。今思えば、両方ともライブ見たなー。特にBjorkのライブはすごかった。Glastonburyで見たRadioheadのライブはなんかちょっとあれだったけど。

Gigs編は今夜のWarehouse ProjectでのFOALSのライブを見てから書きます。
[PR]
by katzwo | 2011-12-31 00:01 | たまには音楽の話

LEEDS FESTIVAL DAY 2

さて二日目はダンスステージのHOLY FUCKから。ダンスステージって言ってもあんまりお客さん踊ってなかったりする。新しいアルバムはレコード屋でたまたま視聴して気に入って買った。踊れる音楽だと思うんだけどな。

HOLY FUCK "Latin America"

NME/BBC Radio1ステージへ移動してTHE DRUMS。既に貫禄のステージという感じ?お客さんの数も時間帯の割にかなり多かった気が。着実にスターへの階段を登ってますね。相変わらずボーカルの人の動きが面白い。

THE DRUMS "Best Friend"

再びダンスステージに戻ってFOUR TET。自分の曲だけでDJをやってくみたいなスタイルのライブ。曲順の流れが違えばもっと盛り上がったんだろうになぁ。というかライブやるより普通にDJやったほうが盛り上がるんじゃなかろうか。要所要所で自分の曲入れて。

FOUR TET "Sing"


FOUR TET DJ Kicks trailer

ここからはほぼNME/BBC Radio1ステージ。BAND OF HORSESはなんとなくぼーっと見てただけですが。夕方の時間にハマる感じで。

BAND OF HORSES "On My Way Back Home"

フジロックでちゃんと見れなかったこともあって今回絶対見逃せないと思っていたのがFOALS。結果的に今回のベストアクトを選べと言われれば間違いなく彼ら。あの疾走感と緊迫感。日本で言うとZAZEN BOYSを見たときの感覚にちょっと近いかも?曲とかリズムとかだいぶ違うけど。僕が今でもまだロックを聴き続ける理由みたいなライヴだった。10月末のマンチェスター公演行きたかったけど日本出張とかぶった・・・。ノッティンガム公演あたり狙ってみようかな・・・。

FOALS "Spanish Sahara "

トリのKLAXONSはなんだかハズレだったなー。新譜も出て大事なタイミングのライヴだったと思うけど。ライヴで聴くより音源で聴いたほうがいいなという感じで。曲の持ってるエッジがまったく感じられず。有名な↓この曲とかやってもあんまりくるものがなかった。FOALSの後だから余計にそう感じたのかも。

Klaxons "Gravity's Rainbow"

で、Alternative StageでやってたCARIBOUを見てテントに戻って二日目終了。のはずでしたが・・・。

CARIBOU "Odessa"

近くにテント張ってる女の子と会場内のディスコテントに行ったりしてました。どうやら彼女たち的に「bitch」が流行語だったらしく、会場内にあるスーパーマーケットを指差して「super fuckin' bitch market!!」って言ったらバカウケ、みたいなフェスっぽい変なテンションで。で2時頃就寝。まあ、一晩中近くのDJブースがひどい音楽流しててやかましくてちゃんと眠れないんですけど。

DAY 3に続く
[PR]
by katzwo | 2010-09-12 22:54 | たまには音楽の話

LEEDS FESTIVAL DAY 1

まずは初日。7時に起きたのが三度寝して寝すぎて2時頃メインステージへ。ちょうどMYSTERY JETSが演奏中。演奏安定してて良いライヴだった。亮太がよくかけてるイメージのある↓この曲もやってました。

MYSTERY JETS ”Two Doors Down”

で美味しくない飯とクソ高いビールを胃に流し込んで会場内をふらふら。いろいろステージを覗きつつメインステージに戻ってきて、THE CRIBSの登場。

THE CRIBS "Men's Needs"
たしか今年のReading/Leedsフェスの後はしばらくライヴやらないってアナウンスしていた彼ら。初めてライヴ見たけど、問答無用でかっこいい。クラブでよくかかってるこの曲なんかは当然合唱になってました。

いったんテントに戻って休憩してから、また会場に戻ってきたものの、やることがないのでなんとなくメインステージのDIZZEE RASCALを見る。

DIZZEE RASCAL "Dance Wiv Me"
なんだかコマーシャルに聞こえすぎてあまり好きな音でもないんだけど、お父さんに肩車されてノリノリで踊ってる4歳くらいの男の子がなんともゴキゲンだったのと、動いてないと寒いので、とりあえず踊りながら聴いてたけど、ラップ上手いのねこの人。Nirvanaの曲を元ネタにしたトラックは正直勘弁という感じだったけど、当然ながら会場は盛り上がってました。

でその次はいよいよTHE LIBERTINES!彼らの写真がスライドショー形式に映し出されて会場のテンションが一気に上がる。セットリストがBBCのホームページに出てますが、一曲目は↓この曲でした。ドラマーの人の表情がすごく嬉しそうに見えたのが印象的だった。

THE LIBERTINES ”Horror Show”

THE LIBERTINESのライブを見るのは初めてだったんだけど、意外とピートがマジメにやってたのと、久々なのに演奏がかなりちゃんとまとまってたのが良かった。

THE LIBERTINES ”Can't Stand Me Now”
↑この曲のラストで、ピートが唾が溜まっちゃったハーモニカを振って唾を落としてまた吹き出した瞬間とか、仕草がカッコよすぎてなかなか感動モノでした。


THE LIBERTINES ”Don't Look Back Into The Sun”


THE LIBERTINES ”Time For Heroes”


THE LIBERTINES ”Up the Bracket”

ライヴの後半も名曲連発でしっかり堪能。UK在住のまさに醍醐味。もっと小さいハコで若い頃の彼らを見たらすごかっただろうな。

でテントに戻って上着を着込んでから、ARCADE FIREを途中から。この人たち演奏上手いですね。曲も大きなステージに映えるというか。会社の同僚でも彼らを目当てに金曜だけ来てる人がいて、英語圏では今ものすごい人気です。日本ではどうなんだろ。


ARCADE FIRE "Wake Up"
↑最後のこの曲では当然のように大合唱になってました。


ARCADE FIRE "Empty Room"
とは言え1/3くらい見逃してて、↑この曲も聴けてない(今回やってないっぽい)ので、12月のマンチェ公演を見に行く予定ですが。

で、テントまでの帰り道にあったディスコをちょっと覗いてから戻って就寝。

DAY 2に続く。
[PR]
by katzwo | 2010-09-11 21:49 | たまには音楽の話