カツヲぶろぐ

10~12月の読書

1. 『MBAオペレーション戦略』
 グロービス(著)

2. 『マーケティング企画技術―マーケティング・マインド養成講座』
 山本 直人(著)

3. 『ネクスト・マーケット 「貧困層」を「顧客」に変える次世代ビジネス戦略』
 C.K.プラハラード(著)、スカイライト コンサルティング(翻訳)

4. 『ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代』
 ダニエル・ピンク(著)、大前 研一(翻訳)

5. 『BRICs富裕層―爆発する巨大市場を攻略せよ』
 門倉 貴史(著)

6. 『アマゾンのロングテールは、二度笑う 「50年勝ち組企業」をつくる8つの戦略』
 鈴木 貴博(著)

7. 『コンサルタントの「現場力」 どんな仕事にも役立つ! プロのマインド&スキル』
 野口 吉昭(著)

8. 『「人たらし」のブラック心理術―初対面で100%好感を持たせる方法』
 内藤 誼人(著)

9. 『ヒットの法則』
 奥井 真紀子(著)、木全 晃(著)

10. 『海外軍団・世界市場を変える新しい中国人』
 莫 邦富(著, 原著)

11. 『中国 大国の虚実』
 日本経済新聞社(編集)

12. 『上海狂想曲』
 高崎 隆治(著)

13. 『ローマ人への20の質問』
 塩野 七生(著)

14. 『信玄の戦争』
 海上 知明(著)

15. 『知られざる素顔の中国皇帝』
 小前 亮(著)

16. 『働くということ』
 日本経済新聞社(編集)

17. 『働くということ - グローバル化と労働の新しい意味』
 ロナルド・ドーア(著)

結局12ヶ月で86冊、目標の100冊には遠く及びませんでした・・・。ブログの更新もきちんとできていなかったし、いかんなあ。最後の3ヶ月の間に呼んだ本で良かったのはなんといっても「3.」、かなり分厚めでボリュームたっぷりでしたが。ビデオもついてます。あとは「13.」と「14.」が面白かったかな。歴史モノはいいですね。2006年、達成できなかったので、2007年も引き続きチャレンジします。明日からの出張にも持っていかないとなー。飛行機の中は電車の中と並んで集中して読書できる空間なので。あとほんとは音楽も聴かないといけないんだけど。
[PR]
by katzwo | 2007-01-07 23:53 | リーマン読書感想文