カツヲぶろぐ

ペリーが日本に開国を迫った理由

昨日は仕事を早めに終わって栄へフライヤー配りに。フライヤー配りの〆にJB'Sdominaで飲んで、終電で帰宅。あと2-3回くらい撒きに行けばはけるかな。しばらくはこんな生活が続きそう。

帰宅後仕事しながらNHKスペシャル「シリーズ JAPANデビュー 第3回 通商国家の挫折」の再放送をやってたので見てたら、なかなか面白かったです。太平洋戦争が石油をめぐる日本とアメリカの戦争であることは知っていましたが、開国からWW2にいたるまでの経緯を通商貿易の視点から、もっと言うと三井物産という商社を中心に整理していて、勉強になりました。あとペリーが日本に開国を迫った理由は、日本で燃料の石炭を補給できれば、アメリカから出るときに石炭を積む量を減らせる、その分商材の綿製品を余分に運べるから、ということだったというのは、日本史の授業では習わなかったなー。このシリーズ、第一回の内容が物議を醸しているみたいですけどねー。


[PR]
by katzwo | 2009-06-10 13:03 | リーマンDJ日記